チームで学ぶ!高校生物

“アクティブラーニング型授業”実践、職員研修の記録

学習プロセスの振り返りのための1枚ポートフォリオ~シングルポイント・ルーブリック~

わたしの授業では、重点項目として「内容理解・知識整理」、「疑問を見つける」、「知識の活用」、「協同的に学ぶ」を挙げています。これらは、授業デザインの中で意識しているものであると同時に、授業を通して伸ばせる部分だと考えています。

 

そして、この4項目について、授業用のルーブリックを作成しています。このルーブリックは、教師が生徒を序列化するためのものではなく、より良い活動の「足場掛け」として生徒が目標としたり、自己評価をするために用いるものとなります。

f:id:jugyo_coevolution:20180428114809j:plain

最近の「学習プロセス」の振り返りも、このルーブリックに連動するカタチになっています。OPPAの表側は、「学習内容」についての振り返りとなっていますが、裏側でこの学習プロセスの振り返りができるようにしています。

 

(OPPAの表側について)

1枚ポートフォリオを2枚に!?~授業に不安を訴えられたときの対処法として~ - チームで学ぶ!高校生物

 

なお、1年次と2年次では、試験的に利用するプリントを使い分けています。1年次は以前から使っていたものとほぼ同じカタチになっており、4項目を意識した自分自身の目標を1つだけ設定し、それを見直し、4項目については3段階で自己評価するものとなっています。f:id:jugyo_coevolution:20180428114928j:plain

2年次で利用するものは、「シングルポイント・ルーブリック」と言われるものです。主体性の向上には次の4点を生徒自身が説明できることが大切だといわれています(Fluckiger, 2010)。①どこへ向かっているのか、②現在どこにいるのか、③どのようにすればそこへ到達できるのか、④上達の方法を知っている。これらを1枚の紙で実施できるのがシングルポイント・ルーブリックとなります。

f:id:jugyo_coevolution:20180428114859j:plain

具体的には、ルーブリックの「良い」の記述を1点のみを「基準」として示し、4項目の基準に達するためには、「①どのように行動するのか」を目標として記述します。活動が終わった後は、4項目の3段階評価に加えて、「②基準に達したとき」、さらに「③基準以上に達したとき」の行動を記録していきます。ここでは、成長に上限を設けない工夫も施されています。

 

今後、より効果的な手立てや実施のタイミングについて、校内ワークショップで取り上げるなど、先生方とも検証していきたいと考えています。

 

【参考文献】

Mizokami (2018) Japanese journal of biological education 59(2), 104-107

Fluckiger (2010) Single Point Rubric: A Tool for Responsible Student Self-Assessment. Delta Kappa Gamma Bulletin, Vol.76(4), 18-25

1枚ポートフォリオを2枚に!?~授業に不安を訴えられたときの対処法として~

1年生で「生物基礎」を勉強していた頃は、1単元の約授業4回分で1枚のポートフォリオ(OPPA)となっていました。そのため、4回授業が終われば、OPPAの「総括的評価」の課題に取り組んでいました。ここでは、一人ひとりの記述を授業時間内にすべて一対一で見ていきます。その中で、理解が不足している部分をフォローしたり、簡単な口頭試問をしたりする中で、柱となる内容を確実に習得していくことを目指します。

 

(OPPA以前の記事)

1枚ポートフォリオ(OPPA)のジレンマを越える2つのアイディア~授業デザイン会の成果として~ - チームで学ぶ!高校生物

 

毎回、全員が合格していきますが、この時間は単元全体を俯瞰したり、理解がうまくできていなかったところを再度見なおしたりする「振り返りの時間」にもなっています。吸い続けてきた息をいったん吐くような時間とも言えるかもしれません。

f:id:jugyo_coevolution:20180427232825p:plain

新学期が始まり、2年生の「生物」がスタートして20日程度が過ぎました。急に内容が難しくなることに加え、授業スタイルが変更したことで(1年次他クラスの場合)、OPPAの毎回の振り返りの感想欄に、数名から不安を訴えるような記述が出されました。程度の差はありますが、毎年起こることで、ここでは丁寧なフォローをすることを意識しています。

 

特に気になる生徒のOPPAの感想欄には、個別にコメントを付けて、フォローの方法を伝えたり、思いを直接聞いたりする中で、授業の進度を調整すること等を提案する場合もあります。

 

これとは別に、最近「生物」のOPPAについて気になっていることがありました。それは、「生物基礎」と異なり、「生物」は1単元の内容も多いため授業8回で1枚のポートフォリオとなり、なかなか「振り返りの時間」に辿りつけないという課題です(A4ではなくA3となりかさばるという点も)。さらに、内容が多義に渡るために、診断的評価と総括的評価で利用する同一の問いの設定が、以前よりもさらに難しくなっていました。

 

そこで、これらのことを解消するために、1枚ポートフォリオを当初の予定の半分のペース、つまり「生物基礎」と同じように、1枚あたり授業8回を半分の4回分にして「振り返りの時間」をより頻繁に入れることをクラスで提案しました。この提案は、歓迎とともに受け入れられました。

 

その後、すぐに「振り返りの時間」として、総括的評価のための問題を提示し、個別のフォローを行いました。1単元で使うポートフォリオが2枚となり、もはや2枚ポートフォリオとなってしまいますが…OPPAの体裁は保つことにしています。1枚目OPPAの総括的評価(最後)の問いは、単元の前半の内容を包括するものにします。そして、2枚目のOPPAの診断的評価(最初)の問いは、前半部分の復習を含むような問いにすることを考えています。2枚目の診断的評価の課題で2枚のOPPAをつなぐイメージです。

 

生徒から不安を訴えられると、モヤモヤすることもありますが、進度や授業方法の見直し、教材の工夫にも繋がります。また、生徒の「分かりたい」という気持ちが強かったり、言われたことを言われたとおりにやらない「考える素地のある生徒」の場合もあったりします。実際に、このような子が授業に馴染んだときに、際立ってチカラを付けていく場面も見てきました。

 

生徒自身も授業を作っているという実感を持ってもらうとともに、子ども達との信頼関係を構築しながら、よりよい授業を目指していきたいと思います。

生物でのベン図の導入時の展開例

4月、まだ様々な思考ツールに馴染みが薄い生徒もいるため、少し丁寧な紹介をしています。今回は、その一例を紹介します。


私「今日はベン図を使ってみましょう。何にかを比べてみる時に使います。例えば、先生と何かを比べてみましょう。何が良いですか?」

生徒「うーん、トラ?」

私「トラ、イイね。では先生とトラの共通点は?」

生徒「哺乳類!」

私「正解!マジメだね」

生徒「毛がある」「肉を食べる」

私「ありがとう。じゃ、私だけの特徴は?」

生徒「言語を使う」

私「他には?」

生徒(結構考えて)「服を着ている!」

 

(同様にトラについて聞くと、トラの特徴は、しっぽがある、狩りをするになりました)

私「確かに。他にありませんか?」

生徒「…」

私「OK。では、トラが服を着て話をし、しっぽが無くなり狩りをしなければ、だいたい先生ってことかな?」

生徒「うんうん」(笑)

私「本当!?…まぁ、いいや。では、ベン図を使って、細胞膜のチャネル、輸送体、ポンプを比べてみましょう!」

f:id:jugyo_coevolution:20180421063828p:plain


新学期、授業を楽しんでいます(笑)。ベン図については、最初から3つの場合には、難しく感じてうまく取り組めない場合もあります。


そのときは、「まずは2つを選んでやってみましょう」と伝えたり、その後「4人グループでやってみましょう」とグループでの活動とすることでうまくいきました。

 

さらに、グループで出た意見を即座に全体にフィードバックもしていくことで、やや丁寧なフォローを行いました。


ARCS動機づけモデルで考えると、


Attention:注意「おもしろそうだな」

Relevance:関連性「やりがいがありそうだな」

Confidence:自信「やればできそうだな」

Satisfaction:満足感「やってよかったな」


自信に関するところのフォローが、この活動のキーになりそうだと感じています。


何度か練習をする中で、他の場面でも活用できるようになればと思います。

1年生のオリエンテーション

昨年の1年生のオリエンテーションのKPシートを見ると、意義とか目的とかを割とガチガチに話していました。赴任してすぐで手探り状態だったこともありますが、もう少し寄り添う形(肩の力を抜いた)で実施してみました。

 

①準備物の確認

 

②担当者の自己紹介KP(2年生で利用したものとほぼ同じ)

 

③授業の基本的な進め方(昨年のKPを利用…一部変更)

 

④グループ内で自己紹介

(1)氏名、(2)1週間過ごして感じていること、(3)好きな生き物とそのエピソード、(4)カタルタを引いて一言、何人かのエピソードを全体でシェア

 

⑤生物を学ぶのは何のため?

(1)個人思考、(2)グループ、(3)全体でシェア

 

〈生徒の意見より〉

・生物がこの先辿る道を知るため

・勉強したいから

・ヒトが他の生き物と共存していくために

・自分以外の何かを理解するために

・生や死と向き合い、神秘を感じるため

・医療の発展に貢献するため

・モノづくりに役立つため

 

⑥生徒の意見も踏まえ、生物の授業の目的をサラリと説明

 

2年目となり、生徒の様子もある程度わかってくるため、場の空気を感じながら、多くの声を拾いつつ進めることができました。

 

グループで考える活動も概ね好評です。

新年度2回目の授業 ~レギュラーの授業について~

単元は「有性生殖」について。まずは、教科書の「山中伸弥先生からのメッセージ」を読んで気になったところや気づき、感想をプリントに記入。その後、クラスで共有しました(LTDを意識)。

 

ここでは「真っ白な気持ちで自然現象と向き合うこと」の大切さについて記入をしている生徒が目立ちました。

 

単元の内容に入る前に、OPPAのシートの診断的評価に相当する問いに答えます。(生物はどのようにして、遺伝的多様性を保っているのだろうか?)また、生物の授業の重点目標を確認し、各自で行動目標を定めました。

 

簡単に意見をシェアした後に、KP法で有性生殖の概要を私が解説。その後、次の組み合わせの語句3つの違いを明確に説明できるようになることを目標に教科書を読み取る活動を行いました。

生殖細胞・配偶子  ②接合子・受精卵   ③ 接合・受精

ここでは、ペアでジャンケンをして、勝ったほうが尋ねるという形式で3回戦おこなっています。

 

同様に、無性生殖の概要をKP法で説明した後に、④分裂・出芽・栄養生殖の違いを読み解き、説明し合う活動を入れました。

f:id:jugyo_coevolution:20180414135759j:image

内容を押さえた上で、同形配偶子→異形配偶子→異形配偶子(精子・卵)の方向で進化した理由、さらにゾウリムシが有性生殖をする利点から、なぜ無性生殖ではなく個体の寿命がある有性生殖を選択する道を選んだのかを考察してもらいました。

 

ここでは、個人思考後、グループやクラス全体でのシェアを行います。ここで、学びがグッと深まる感覚を覚えます。また、多様なアイディアが出て来て、生徒と一緒に話していく中で、わたし自身も活動を楽しみました。

 

最後には、振り返りシートで、活動のリフレクションを行った後に、OPPAの診断的評価に相当する部分に、今日学んだことで大切だと思うことをまとめて終了しました。

 

今後、1回目の授業で決まった、パートナー(一人一生き物を選択)の増え方について、単元の前半で調べる活動を入れる予定です。

 

今年度もより良い授業を目指して頑張りたいと思います。

生物の授業開き&深い学びをつくる生物パートナー

今年は次のような流れで授業をスタートさせました。

 

① 教材の確認、テスト返却、宿題の確認(さらりと)

② 自己紹介KP

③ 『生物を学ぶのは何のため?』の個人思考、シェア

④ 生物学を学んだ人同志の対談動画

⑤ 深い学びをつくる生物パートナーの名前が書かれたカードを選ぶ

⑥パートナーについて調べる宿題を提示

 

まず「ある高校生が考えていたこと」と題して、生命に対する問い(なぜ死ぬのか?見事な仕組みを持つのか?進化について)から眠れなくなったエピソードを紹介しました。そして、生物を学ぶことは「生や死と向き合うこと」だと考えるように至り、生物を学ぶ道に進路変更(歴史学より)したことを伝えました。

 

このある高校生が、以前の私のことであることを話し、自己紹介の代わりとしました。そして、「生物を学ぶのは何のため」か、まず個人でノートに記入してもらいました。ここでは、それぞれ自由に書くことを途中で促したところ、次のような意見が出ていました。

 

〈生徒の意見の例〉

  • 自分自身の身体のことを知って、将来病気をしたときなどに役に立つから。
  • 身のまわりの環境について知ることで、より良い活動をすることができるから。
  • 自分の中に学びたいという気持ちがあるから
  • 将来医療系の進路に進んだときに役に立つから など

 

これらをグループおよびクラスでシェアした後、熟達者がどのように考え、感じているのかについて、対談動画を見ました。この中に直接的な答えはありませんが、内容は大まかに次のようなものとなっています。

 

(生物を探究する中で、人知を超えた時間や複雑さのほんのごく一部を切り出し、科学的な小さな知見は得られたが、同時にそこで垣間見たものと得られたものとの間に、とてつもなく大きなギャップを感じた)

 

その後、「生物」(他の教科も含め)を学ぶことは、ものの見方や考え方、生き方に関わることであることを話しました。そして、「人生を支える視点のひとつとして『生物』を獲得して欲しい」と伝えました。

 

わたし自身も大学院時代には、特定の生き物の研究を通して、生物について学びを深めてきました。生徒達にも似たような経験をしてもらうことを意図して、1年をかけて学んでいく生き物を一人一つずつ決めることにしました。参考にしたのは、キエラン・イーガンの『深い学びをつくる』です。

 

モデル生物など生物学の発展に貢献している生き物の名前が書かれたカードを約40種類作りました。最初は裏返した状態で、一人1枚ずつカードを引いていきました。引いたカードによっていろいろな反応があります。

f:id:jugyo_coevolution:20180414172220j:image

人数が少ないクラスでは、一人ずつ生き物の名前を答えてもらいシェアしました。人数が多いクラスでは、一人ずつ引いた時点で教師が声に出しながら確認した後、「馴染みがあまり無い生き物だった人は?」「逆に馴染みがある生き物だった人は?」と全体に尋ねて、何人かの生徒から答えてもらいました。

 

この生き物をそれぞれの「生物の学びを支え、深めるパートナー」としました。そして、①名前(和名、英語名、学名)とその由来、②写真もしくはイラスト、③この生き物と生物学との関連について調べてノートにまとめてくることを最初の課題としました。

 

翌日には、さっそくまとめを作っている生徒がいました。ノートを覗いてみると、生物学との関連だけでなく、宗教との関連についても調べていました。今後の展開が楽しみです。

 

【参考文献】

キエラン・イーガン(2016)「深い学びをつくる:子どもと学校が変わるちょっとした工夫」北大路書房  http://amzn.asia/gILLjpq

【米国PBL教科書】アプローチの違い:専門家としての先生 vs ファシリテーターとしての先生

授業および探究活動のあり方を見直すために、アメリカの中等・高等教育の教科書をいくつか読んでいます。この成果も来年度以降の授業に反映させていきたいと考えているところです。

 

そんな中、アメリカの生命科学でのPBLの教師用教科書に教師の立場について分かりや例があったので、訳出し投稿します。ここでは、専門家としての先生とファシリテーターとしての先生が登場し、比較されています。みなさんは、いくつの違いに気づきますか?

 

----------------------------------------------

【専門家としての先生】
麻衣:先生、「エゾミソハギ」って何ですか?聞いたこと無い。
陽人先生:麻衣さん、いい質問だね!「しるべきもの」リストに加えられそうですね。エゾミソハギは、中西部の湿地帯に生えている植物です。1.8mくらいの背丈で、沼地だと急速に広がる性質があります。
若大:なんでそれが大切なんですか?
陽人先生:あぁ、それはこの植物がもともと、ここに生えているものでは無いからです。それで、この植物がこの地域で普通に見られるようになるんじゃないかって心配している人がいるわけです。
麻衣:わっ!じゃエゾミソハギが他の植物を殺しているってことになるのね!
陽人先生:はい。今日はその写真を用意しました。今話していたことがよく分かりますよ。

 

ファシリテーターとしての先生】
麻衣:先生、「エゾミソハギ」って何ですか?聞いたこと無い。
陽人先生:麻衣さん、いい質問だね!「しるべきもの」リストに加えられそうですね。はい、ではエゾミソハギを知っている人はいますか?
詩乃輔:よく分からないけど、植物じゃない。ガマの話もあったし、そういう植物はここら辺だとよく見るし。
若大:先生、インターネットでエゾミソハギを調べてもイイですか?
陽人先生:もちろん。すぐに分かりそうですね。
武:そこには、いつもお父さんと釣り行っています。たぶんその植物も見たことあると思う。背が高くて、上の方に紫色の花が咲いていました。その植物ですか?
陽人先生:えぇ、おそらく今話しているまさにそれだと思いますよ。
若大:あっ、あった!写真がある。エゾミソハギは、ユーラシア大陸の湿地に分布する植物で、1800年代にアメリカに導入されたって書いてあります。
麻衣:あぁ、いい情報ね。多分エゾミソハギについては、「しっていること」リストにもう移しても良さそうね。
----------------------------------------------

 

いずれも優れた先生であることに間違いありませんが、後者の先生は多様な生徒のチカラや経験を引き出すファシリテーターとなっており、登場する生徒も増えています。さらに注目したいのは、ファシリテーターとしての先生は、同時に専門家であることです。よりよい学びの場作りをするためには、ファシリテーションの考え方は確かに必要かもしれませんが、教科の専門家ゆえに出来る焦点を絞った指導や引き出し方、場作りができることを忘れないようにしたいところです。

 

これから増えるであろう対話形式の出題で、先生がどちらの立場で描かれているかを見るのも面白そうだと感じました。

 

【参考文献】

TOM J MCCONNELL et.al. (2016)「PROBLEM-BASED LEARNING IN THE LIFE SCIENCE CLASSROOM K-12」NSTA

https://www.amazon.com/Problem-Based-Learning-Life-Science-Classroom/dp/1941316204