読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チームで学ぶ!高校生物

“アクティブラーニング型授業”実践の記録

テーブル貼り付けの摸造紙の導入と授業実践

ワールド・カフェのようにテーブルに大きな摸造紙を貼り付け、グループワークをするという形に変更をしました。ここで、私自身が生徒の思いに対して勘違いをしていることに初めて気付きました。 授業は、次のように進めています。 1.【導入】態度目標や授…

アクティブラーニング型授業に関する研修会を実施

先週末に実施した、小林昭文先生を招いてイベントは、たいへん盛り上がりました。これまでの学習会とは異なり、県外からの参加や、大学や企業など多様な業種からの参加がありました。 アクティブラーニング型授業というと、PBLのような課題解決型学習や、生…

教員のアクティブラーニング型授業体験に協力

県立教育センターで、研修会の協力者として、アクティブラーニング型授業を小中高先生の先生方に実施してきました。講師の先生によるアクティブラーニング型授業についての意義やアイスブレークがきちんと済んだ後での授業だったため、はじめての経験でした…

テスト返却時の活動

1学期中間考査が終了しました。 試験の内容は、授業での活動を出来るだけ評価出来るよう、暗記に頼った問題を極力避け記号や語群を多めにしました。また、記述問題は20点/100点としました。 1、2年生は苦しんでいましたが、3年生はしっかりついて来ていまし…

1年生、最初の授業でのアイスブレイク

1年生の最初の授業。教室に入ると、こんなだったかな、というくらい硬く緊張した雰囲気が。オリエンテーションを始める前に、春休みに用意した道具を使っていくつかのアイスブレイクを兼ねて参加型の活動を実施してみました。利用したのは、川嶋直さんが提…

ワールド・カフェ形式での学級懇談会

昨年の学級懇談会(昨年のテーマ「携帯・スマホ依存症について」)に続き、今年もワールド・カフェ形式の学級懇談会を実施しました。ここでは、クラスの保護者同士の関係づくりや参加して良かったなと思える活動を目指しました。 ここでは、教室の黒板に会の…

オリエンテーション&授業の目的

授業開始時には2回に分けて次の項目でオリエンテーションを実施しました。 ○授業前アンケートの実施 ①社会人基礎力12項目のルーブリック評価 ②ディスカッション・思考動機・協同作業の測定 ○KP法で授業の目的を紹介 ○シラバスで評価基準を説明 …定期考査で…

地元の希少生物について知ろう ~ネイチャーゲームに挑戦~

生物基礎、最後の授業時に地元の生物の豊かな多様性について理解を深めるため、生態系の学習後に次のような授業を行いました。ここでは、以前知り合いの地理の先生に教えていただいたネイチャーゲーム方式に初めてチャレンジしてみました。 http://blogs.yah…

生物基礎 プロモーションムービー作成 ~各章の魅力を後輩に伝えよう~

2年生物基礎の最終週に行った授業です。総復習と後輩への引き継ぎ(動機付け)を意識して、各章の魅力を伝えるためのビデオ制作を行うことにしました。当初は、出来た班から撮影を行う予定でしたが、準備時間確保のため、生徒から全体の前で発表会形式で行…

メールフォームの設置

最近本ブログを介したコンタクトを頂けるようになって来ました。たいへんありがたいことです。 現在直接繋がりがない方ともやりとりが出来るよう、試験的にメールフォームからメッセージを送れるようにしました。 ご質問、ご感想をどうぞお気軽にお送りくだ…

看図アプローチ&関連づけの練習(LTD) ~セーターを着たペンギン~

単元終了後、関連する記事を利用した授業を行いました。記事は、知り合いの英語の先生に教えていただきました。 以前「免疫」の学習後にエボラ出血熱の記事を示したところ、こちらが予想したよりも反応が良くなかったため、動機づけを高める試みとして看図ア…

校内研修でのファシリテーション

校内の職員研修(人権教育)のファシリテーターを務めました。勤務校でのワークショップは初めてであったため、協同学習のツールも利用して、次のようなフレームで進めていきました。ここでは、アクティブラーニング(協同学習)の手法の伝達も少し意図して…

【読書記録】松下佳代『ディープ・アクティブラーニング:大学授業を深化させるために』

ALを実践していて感じることのひとつは、生徒の活動はアクティブなだけでなくきちんとしたラーニングになっているのかということです。その点について、理論と実践を踏まえながら大学での実践が丁寧に紹介されています。 どの章も参考になったのですが、特に…

WizIQはじめました ~看図作文オンラインワークショップ~

ALについては、生徒だけでなく教員同士もチームで学ぶことが重要だと考え、地元でAL学習会を有志の先生方で立ち上げています。ここでは、県下さまざまな場所で実践する先生方と日々情報交換が出来るようにするため、moodle(e-ラーニングシステム)を利用し…

3年生、最後の授業のリフレクション

授業では毎回振り返りの時間を設け、生徒にリフレクションカードを記入してもらっています。特に新しい授業スタイルを取り入れると、厳しい意見はいまだに出てきますが、それをもとになぜうまくいかなかったのかを考え改善するきっかけとなっています。 1年…

KP法はじめました

アクティブラーニング型授業では、教師による説明をできるだけ短くし、生徒の活動時間を確保する必要があります。これまでは、Keynoteを使い、板書時間の短縮していました。その一方で、説明の概要、教師の思考の過程を残しておくことが出来ない点でジレンマ…

ARCS動機づけモデルとの照らし合わせ

冬休みに読み終えた「授業設計マニュアル―教師のためのインストラクショナルデザイン」では、多くの学びがありました。その中から動機づけに関するモデルであるARCSの4つの側面と自分自身の授業を照らし合わせてみました。 【ARCSの4つの側面】 ① Attention…

生物(ボードミーティング実施)「生物多様性」

3年生、2学期最後の授業は社会的課題と関連が深い「生物多様性」にて、簡単なボードミーティングを実施しました。なお前の授業で、生物多様性の知識の部分については学習をしています。手順は次の通りです。 ① ボードミーティングのやり方を説明。ここで、グ…

【読書記録】苫野一徳『勉強するのは何のため?―僕らの「答え」のつくり方』

知り合いの先生からのオススメで読んでみました。中・高・大学生向けに書かれたものですが、AL型授業に取り組む先生にもピッタリの本だと思います。個人的には、大学時代に哲学科への転部を考えて勉強した時期があったため、当時を振り返ることもできました。…

ポスターツアー&相互評価を実施

3年生物の授業で、マグネットテーブルからスタートした「生物の系統」のポスターが出来上がり、本日ポスターツアーによる発表会を行いました。手順は次の通りです。 ① それぞれのポスター制作班(2〜3名)のメンバーが1人ずつ集まったポスターツアー用の班(…

オックスフォード大学、苅谷剛彦先生のセッションを見て

第4週gaccoインターラクティブティーチンのストーリーセッションで気になったところ。オックスフォードの授業では、問いに答える形で何冊も本を読み、レポートを書いてきた上で、教員とディスカッションを行う。苅谷先生の授業では、関心が低い生徒も内容に…

ガニエの9教授事象との照らし合わせ

gacco「インターラクティブティーチング」でも紹介されていたガニエの9教授事象と自分自身の授業を照らし合わせてみました。なお、ガニエは授業や教材を構成する過程を「学びを支援するための外側からの働きかけ(外的条件)」という視点でとらえ、授業構成…

生物(マグネットテーブルからポスター作成) 「生物の系統」

3年生の授業も終わりが近づいてきました。4月からのAL型授業で培った力を発揮できる授業をやってみようと、単調になりやすい「生物の系統」の単元で、ポスター発表を行うことにしました。手順は次の通りです。 ① 生物の系統について簡単に解説後、原核生物、…

生物基礎(ジグソー&発信力のルーブリック評価) 研究授業&振り返り

赴任後初めての正式な研究授業。管理職や他教科の先生、外部からの先生含めて10名程度の見学がありました。 内容は「気候とバイオーム」。いつもと違うのは、社会人基礎力のチームで働く力「発信力」について、経済産業省のものを参考にルーブリック評価を…

試験前、ミニ学習会でのファシリテーション

部活動の県大会のため、昨夜は部員と会場近くのホテルに一泊。しかし、中間考査前、部員は勉強道具持参です。ホテルのご好意で、食堂を勉強場所として提供してくれました(コーヒーとお冷のサービスまで)。3名と私でミニ学習会開始。そこでのやりとり… 生…

【読書記録】 トニー ワグナー 『未来のイノベーターはどう育つのか ― 子供の可能性を伸ばすもの・つぶすもの』

未来のイノベーターはどう育つのか――子供の可能性を伸ばすもの・つぶすもの 作者: トニーワグナー,藤原朝子 出版社/メーカー: 英治出版 発売日: 2014/05/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る イノベーションのスキルや考え方の癖は、育て…

2学期からの新しい授業構成

1学期までの反省を踏まえ、2学期からは、次のような授業構成にしました。太字は、変更した部分になります。 ①リフレクションカードと授業プリント(次回使用するプリント)を休み時間に取っ ておく。 ②今回の授業のテーマと授業の目的、態度目標(グラウン…

1学期までの授業構成

これまでの授業構成は次のようになっていました。 ① リフレクションカードと授業プリントを休み時間に取らせる ② 今回の授業のテーマと態度目標を確認 ③ 教科書の図や写真を中心に、内容の概要を説明(iPad、Apple TV) ④ 授業プリントにそって、ペアで覚え…

2学期授業開始 オリエンテーション実施

1学期とは授業スタイルが変更するため、次の流れでオリエンテーションを行いました。 1.机の配置が『ハの字』になった理由 ~夏休みの授業研究について~(1分) 2.生物の授業での目的・目標(グラウンドルール)の説明(9分) 3.自己紹介によるチ…

掃除時間のグラウンドルール設定

新学期スタート。クラス担任(HR教室の掃除担当)として、新たに掃除時間にも、掃除の目的と態度目標(グラウンドルール)を設定しました。 掃除の目的:メンバーと力と心を合わせて、自らとクラスメイトの教室と心を磨く 態度目標 :①時間を守る (チャイム…

講義型の机配置を変えました

夏休みも残りわずかとなり、新学期に備えて理科室の机の配置も思い切って変えてみました。この教室は、いわゆる講義型の配置で、机はL字金具とねじで床としっかり固定されていました。 しかし、4月に赴任して以来机間指導のやりにくさや、同じ班内でも机を…

【読書記録】マイケル A ウェスト『チームワークの心理学:エビデンスに基づいた実践へのヒント』

チームワークの心理学: エビデンスに基づいた実践へのヒント 作者: マイケル A ウェスト,下山晴彦,高橋美保 出版社/メーカー: 東京大学出版会 発売日: 2014/05/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 【話題】興味がある内容を選んで ①『弾力的な…

ブログ始めました

授業や学習の記録のためにブログを始めました。